4月, 2017年

初めから足の炭水化物一番好きな果物野菜

2017-04-28

研究は、がんや心臓血管病などの疾病のリスクを下げることができるだけではなく,炭水化物、心理健康を促進することができます.毎日の果物の健康エネルギーと同じように、体の各部位に一番好きな野菜と野菜の別れは何でしょうか.天津栄養学会名誉理事長付金如、中南大学湘雅病院栄養科教授李慧明で描かれた一枚の全身果実の野菜の栄養の地図を足の爪先から頭のぎりぎりまで補充の果実の野菜.ブロッコリー、バナナ護脳多く食べてブロッコリー、キャベツとカリフラワーの記憶力を高めることができて、これらの野菜に含まれるというアセチルコリンの化学物質、それを担当する制御の脳細胞の興奮度、脳細胞の興奮度が高いほど、脳の記憶力が強い.脳はビタミンB 6の食品、たとえばバナナ、それは人を奮い立たせる精神、仕事の効率を高めることが好きです.ニンジン、柑橘護眼目の使いすぎに人が適切に摂取β-カロチンとルテインの果物や野菜のため、一部β-カロテンが体内に入ると転化ビタミンA、これは視膜感光に必要な栄養素、ルテイン変わりゼアキサンチン、これは視膜黄斑の主な色素有効ろ過紫外線を避けるために、目を傷つけ、老化防止目.にんじん、柑橘にはβ-ニンジンが豊富に含まれて.ピーマン、キウイの保護歯ぐきのキウイは維Cの王と呼ばれ、歯ぐきで歯ぐき健康、口腔潰瘍を防止することができます.他にビタミンCが豊富に含まれ、ピーマン、トマト、唐辛子、オレンジなどが含まれている.トマト,イチゴの保護心はアメリカミシガン大学心臓血管心臓疾患研究センターで発見、サクランボ、イチゴ、トマトなどの赤色の野菜果物は心臓病の危険を低減する危険性があります.百合、梨肺を潤すこと百合ほろ苦い味の甘、性は引き分けして、肺を潤すことが咳を止めて、清心を鎮めて.梨を養陰、利咽唾液を分泌して、肺を潤すことを去痰の効果.キノコ、靑アップル肝臓に多種のビタミンの助けを必要と肝臓の解毒、キノコに多く含まれているビタミンCやセルロース、鉛のように促すことができて、ヒ素、ベンゼンなどの有害物質を体外に排出;椎茸のB族ビタミンが豊富に含まれ,修復の肝機能を助けることができて、予防脂肪肝.黑提、カリフラワー、腎臓を補って漢方医は、黒に腎臓、たくさん食べて黒色の食品に役立つ腎臓を補い.黑提だけでなく、カリウム、カルシウムを多く含むリン、鉄などの多種の鉱物質とビタミンを豊富に含む様々な人体の必須アミノ酸、持ってコレステロール、養腎臓、抗酸化作用と免疫力向上等.花菜が強い腎臓、脳を記入壮骨髄、内臓を強くする健胃、清肺のどを潤す作用.山芋、桑の実の健脾臓が胃胃腸が悪い人の常に食べる山芋、かぼちゃ、ジャガイモなど豊富な食べ物健胃でんぷん.にんにく、リンゴの保護前立腺イギリス栄養学者は、にんにく、タマネギなどの野菜は、前立腺がんの生長や拡散を阻止することができます.ネギは前立腺癌の効果を防止する効果が特に際立っている.臨床研究は、慢性前立腺炎患者の前立腺液内、亜鉛の含有量は正常者より明らかに低下している.リンゴに亜鉛、海外研究は、毎日1~2個のリンゴを食べて前立腺炎を緩和すると表明した.レタス、サクランボ保養関節アメリカ科学者の発見、ちび含まれるアントシアニンなどのバイオ酵素血行促進に役立つ.

乾隆帝が長寿の炭水化物秘籍:朝三件

2017-04-27

乾隆皇帝の在位60年、89歳、このすべて彼の独特な養生の秘訣、特に朝の保健の3件の事.

Pは、深呼吸朝起きて、忙しくないことが起き、ご分後、先に左横向き、右側の臥、最後に仰臥、その間共伸さんを十分にストレッチをする度、関節.そして起き、片持ちは、10回連続で深呼吸して.その後は全身筋肉をリラックスして、息を整えて.最後までアウトドア,大口呼気を身の内に浊气吐く、新鮮な空気を吸い込んで.

四方を眺め

で立って、両目を先に目の高さが同じ、東へ、そして、目を閉じて頭を下げて,炭水化物、あっという間にもう半南を眺め、半目を閉じて頭を下げて、背を向けて西に眺める;最後に、目を閉じて頭を下げて北へ眺める半.運動のもやもや中の目、目のさわやかさを保証する.

Pは便通ばかりです朝から4つの習慣をつけ、体を大きく傷つけている

p起きて猛

に起きてます

人は睡眠の時に、血圧は比較的に低くて、剛が目覚めたとき、血圧が急速に上昇、特に部分が晨峰現象の高血圧患者が速すぎて、起きた猛は、血圧をもたらす可能性が突然上昇による脳血管が破裂するなどの重大な病気の原因.一部の高血圧患者、動脈硬化症などの原因で、血管運動障害が現れて、もし体位変化が速く出やすい体位性低血圧、脳供血不足が現れ、めまいや失神.221の原則、つまり目覚めた時、目はベッドに横になって2分、2分、横になって、ベッドに座って1分くらいで立って活動することを提案します.

Pは水を飲むのが好きではないですが、

は水を飲んではいません

朝の血液が黏調やすく、血栓形成.起きたら、早めに1杯のぬるめのお湯を飲んで、このように早くの血液希釈黏調.水は10分で、胃と腸で吸収し、血液循環に入り、脳卒中と心筋梗塞の発生を減らします.

「pは朝食に油を食べると塩辛い

を食べます油条、卵などは高脂の高い熱量の食品で、多くの高血圧患者の合併症、高脂血症,とても油を食べすぎると硬化性が悪化する.朝食は牛乳または1碗のかゆを飲んで、翌日に煮卵を食べて、また野菜果物をプラスします.

p朝練朝練

は、秋冬には、室内外気温が徐々に大きくなりつつも、室内の温度差が大きくなっているということです.ある人は、5時に朝練に出かけて、この時点で寒さの刺激を受けやすく、朝には高血圧の上昇が速くなり、脳血管の意外性を増加しました.みんなでトレーニング時間を午後4時ごろに手配することを提案することを提案します.フィットネス体操、、