秋冬は酸味の炭水化物果物を食べて、果物を食べることができます

2016-03-31

<p」一夏無病三分虚、夏の暑さ重消耗精伤气、人がちゃんと秋養生.その上秋季主燥は、乾燥しやすい環境を損耗人体の唾液、人体に与える不快.秋が燥に降臨にあたって、私たちの食も調整が必要です.<>

季節秋へ向かって、みんな秋燥不快感がますます明らかに、ある程度感じ口、鼻、皮膚などの部位は乾燥感も現れて、口がからからに乾き、喉の腫れ、大便は固くなるなどの症状が連帯して、情緒がもどかしい.

p> <具体的な疾病にとって、広州市赤十字病院漢方科主任児童吴艳华、臓器弱み、気管粘膜、鼻の粘膜や肌もとても薄型でもろくて弱くて、外部刺激を受けやすい乾燥した環境を引き起こし、アレルギーや気管支炎などの病気、高齢者が汚い器の機能が低下し、外部の気温の変化と反応、気管支の疾病を誘発しやすいと他の病気のため;女性生理や妊娠などの理由で、易体内の唾液は不足で、陰陽の失調、秋が特に必要滋陰美容、肺を潤すこと修養.

p>と<を保つ肺臓気道の正常湿潤度、吴艳华提案、毎日水の摂取量は他の季節より500ミリリットル以上に達し、2000ミリリットル、毎日何度も少量の水を飲む.

でも、単純に水を飲むと、のどが渇いて体がのどが渇いていると」.によって漢方医の五行と五臓の対応理論:秋の乾燥、五行金に属して、人体の内臓を対応主管肺のため、秋解体喉が渇いて、潤の乾燥している点は、肺、肺を潤すことを飼う.吴艳华言って、肺を潤すことに達する目的、秋の全体の飲食原則は:ある食べ物を主として、増の酸味が辛い食べ物を減らして、このようにようやく最大の程度を飼って肺の目的を達成する.

” p ” p>漢方医の古典は、肺主、肺収斂、酸っぱい酸は収の、酸っぱい、酸っぱい、からいの.つまり、酸味が収束においついせき鼻、辛い食品発散潟肺.だから、よく秋ナシを食べて、トマト、レモン、ウメの実、ブドウ、サンザシ、ザクロ、キウイなどの酸味果物が飼って肺、達成祛湿、唾液の分泌を促進して渇きをいやすも止瀉し、健やかな胃消化を助ける、食欲増進作用.

また、吴艳华、秋の乾燥しているガスによる、易傷の唾液、肺を潤すことを飲食する滋陰の品を目安にして、蜂蜜、レンコンを優先.蜂蜜性味の甘、平、補う中に乾いていて、滋陰潤美容、降圧便通が熱を下げ、レンコン、乾燥し凉血潤喉の渇き、清心が心を鎮める効果.その他のアーモンド、キクラゲ、豆腐などの食品はすべて秋の潤が乾燥しているという上物.胃腸の弱い人は消化不良、食用は内臓を強くする補胃効果の蓮子、山芋、インゲンなどの食べ物.

(実習編集:叶洁斯)