男は小さい弟に老衰しているマークを炭水化物心得ている

2017-05-24

小弟も例外ではなく弟も例外ではない……年を取って、人の様々な面で変化が発生して、しわが多くなって、体つきは背を曲げたペニスでさえも、衰え.

小さい弟の老衰して衰えないで、主に以下の4つの面で体現しています:

p1,炭水化物、ペニスが変わった

アメリカアル瓦拉多病院的医学科主任オーウェン-ゴア茨タン博士の紹介、男性から四十歳の時、亀頭が失われて赤紫色、これは主に血運行の減少.雄激素レベルが下がって、陰莖の恥毛もますますまばらで、徐々に回復し、思春期前無毛の状態.

p2、サイズ縮ん年齢が増えるにつれて,男性は体重が増加するのはよくある現象です.ニューヨーク市病院シナイ山男性の健康の計画科主任ロナルド場合によっては、腹部脂肪がペニスを埋める.

「pのペニスの長さと太さ、少しの変化が発生することができます,
レビトラ.もし1つの欧米男性さんじゅう歳の時に、後のペニスは勃起じゅうごセンチ、その彼は60、70歳の時、じゅうにセンチぐらいだけかも.」

p>によるペニス<縮小の原因の多くは、例えばペニス小動脈内緩やか堆積の脂肪物質(斑)、血液の流れを妨げる器官、みんなと知っている、渋滯で冠状動脈内による心臓発作の動脈硬化症は同じ過程.

とともに、無エラスチン弾力線維鞘内で絶えず堆積物も、血液を灌注勃起時空間の相対縮小.

P3、ペニスが彎に彎となった.

もし傷あと

を平均しないで、ペニス可能になってと呼ばれるほど,ペニス硬化症症について、最多の中年の人がそれを起こすことができる勃起時の痛み、性交困難のため、患者は積極的に医者にかかる.

には4、ペニスは敏感ではなく

は敏感ではないです

多くの研究によると、時間がたつにつれて、陰莖の敏感性の低下に影響を与える可能性、勃起的高潮.