炭水化物のダイエットという方法

炭水化物のダイエットという方法によって、米、小麦粉で作った食品などの澱粉に富む主食を摂取しないながら、タンパク質に富む食品を摂取し、速くダイエットの効果を収めるようにする。20世紀70年代から、アメリカの医者は、炭水化物のダイエットという方法を提出してから、炭水化物でダイエットは世界の各地で流行になった。現在でも、また大きな人気がある。

だが、それに対して、イギリスの関連部門は反対し、炭水化物がある食品を全く摂取しなければ、体に良くないことを主張した。同時に、糖質制限をする人は、常に脂肪に富む食品をしようと、そのために、心臓病、糖尿病、癌などの可能性が高くなるかもしれない。

一方、栄養士は以下のように述べた。料理には主食(炭水化物)が足りなければ、体力も不足であり、疲れやすく、血糖が下げり、めまいがしていて、脳の功能にも大きく影響される。

これに対して、シンガポールの栄養士は賛成する。彼らは、長い間で肉を食べることは体に良くないと思う。普通は、ダイエットのために、栄養士と医者はタンパク質に富む食品と糖質制限を勧めいないである。糖質制限が流行する原因は、ダイエットしようとしている人々の体重が減るのである。だが、減っているものは水分、筋肉であり、脂肪ではない。だから、このダイエットの方法は健康ではないと考えられる。