母乳の炭水化物薄い原因は、何か母乳に影響する要素がありますか

2016-09-21

pは母乳がさっぱりとした原因は何ですか?多くの妊婦さんは子供の後には、乳汁は比較的薄く、薄い乳は栄養がないと心配していました.母乳には影響があるという要素が多くなり、下から見てみましょう.

pのあっさりした母乳栄養は十分でしょうか?

母乳は産後女性の乳房の発生に育児の汁、乳汁に含まれて炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル、赤ちゃんの脳の発育や大切な脂肪酸やタウリンなど.また、母乳は前乳と後の段に分けます.

前ミルク:Ppは哺乳のたびに最初に発生した乳、つまり、前二、3分間出てくるミルクです.そのため、赤ちゃんに豊富な水分、たんぱく質、乳糖、ビタミン、無機塩と水,免疫グロブリン.

p後段乳:、    産後いち~に週間内分泌の乳が淡いの外観、確かに多少は水のようだが,そんな初乳に含まれるタンパク質が多く、脂肪が少ない、微量元素の亜鉛や免疫物質もすべて比較的に多いから分泌の乳.そのため、あっさりした乳は実は新生児に非常に貴重で、赤ちゃんの消化吸収能力を増強しています.その上、一回分泌した乳は乳部分と違って違います.最初に食べた1分の乳、相対的に脂肪が低いとタンパク質が高い、色もあっさりしています.後は脂肪が相対的に高い、だから後ろの乳、濃いように見える.だから、あっさりした乳はママの分泌の前ミルク.