桜桃の味は

2016-03-14

桜桃の味作文

は桜桃の味作文

たくさんの果物の中で、私が一番好きなのはサクランボを数えました.今年の5月、桜桃の豊作の季節で、母は祖母と私を連れて行って、私はサクランボの溝にサクランボを摘んしていました.

私は地方に着いて、私はすぐに降りて下車して降りて.うわっ!あんなにたくさんのさくらんぼよ!」私は興奮して大声で叫ぶ.道の両側にはたくさんの緑のあるチェリーの木、木の上で、木の上に押し合い込んですべてサクランボの全はサクランボです!私達は先に来て1家の樱桃园、そこの桜の木が1本1本の上にくっついている、いっぱい掛かって濃い赤色のスパンコールのさくらんぼ、ひとつひとつ赤真珠.私は1粒は、口に入れて、すぐに赤い甘い汁が溢れ出した.あ、甘いね!私はとてもうれしいです.そこで私は食べながら、おばあちゃんに桜桃と言って、桜桃というのは、どちらがもぎ取る!」

でもサクランボはおいしくて、取ることは難しいという、低いところに熟していることが少なく、高い所の私はまた足りない、どうしようか.私はあちこちわき見を見て、農家に古いおじサクランボをとり木はしごを木に登って、手の届かないも使いフックフックして小枝をしながら、に引き寄せるへながら、手前に傾いて才能をとっている赤くて大きいサクランボ.私はなにかを学んで、古いおじさんの様子を、木に登るサクランボをとり.可木に登った後、木の葉は視線をさえぎっている果実が枝が揺れて、、私はどぎまぎして、怖くて足を踏み外して、落ち.私は慎重に摘んて、1度は2つの2つを取ることしかできません.木に登って取って疲れた、来週の地にうずくまっている料を、大きな力を小篮が一.振り返るだけおばあちゃん、はずした小さい半分かご.よかった、私は桜桃が一番多いです.自分の労働成果を見て、私は嬉しくなりました.

桜桃の味作文

は桜桃の味作文

私は食べる果物がたくさんある種類、リンゴ、桃、イチゴ、サクランボなどが好きです.特にさくらんぼ、特に私の好みに合わせて.

桜桃は木に生えている、という言葉は、このように言います:サクランボはおいしい木は植えにくいです.樹は難しいからこそ、おいしいと思っているかもしれない.サクランボは熟して熟している時、それのたかみは真っ赤に燃える、形は真ん丸の、頭は碁石の差が多くて大きい、長い非常にとてもきれいです!ちょっとばかし瑪瑙、見るからによだれを一口直流、本当に考えてそれを食う、その美しい味.私はサクランボを食べるたびに、いつもとは殘だ、このとき汁水は口に入れて、甘い中に1点酸を帯びて、とてもおいしいです!そしてもう口を吐くのたくさんの淡い黄色の小さな種のように、私の母と豚八戒を食べる人参果、事細かな味わいは、彼女を知って私といいよ!

もし機会があれば、私はきっと自分の1本の1本の桜桃の木、たくさんのたくさんの果物、先生と学友達に味わって食べます.どうだ、あなた達は食べたくありますか?

桜桃の味作文

は桜桃の味作文

だって男は調子の変化がすごいので、女も一時の反応を見て、この町では、"ああ……ケーキ上のその……」

>