冬服の炭水化物洗濯とコレクション

2016-03-23

P1、レザー衣料品:水洗い、晒し、汚れ、汚れ部位に使用することはできません.ガソリンは革製の油を洗浄することができます、その上に清水のブラシは純で、それから下までポケットを干して、防虫防湿剤の収蔵を洗います.

に、ウール绒衣:先に冷たい水で液体に浸して、温かい中性石鹸水揉んで軽くすすぎ、干しやコンに干してないけど、強くこすることもできない.

さん、ラウエア:干し震えにほこり懸濁物、ガソリンで汚い所を洗う、待散完油味の再アイロン収蔵.水洗い、応用温軟水(水道、川の水)と中性の透明な石けんなどの洗剤、軽いすすぎを使用して冷水で清、干して収蔵する.

よんしよ、羽毛ジャケット:中性冷水洗浄液に浸しさんじゅう分、軽いブラシに汚い所後更にぬるま湯リンス4回、軽く水気を風に水分、乾かして、そっと撃松ダウン、幸いに真空パックに収蔵.日には晒しず色あせず.櫃

5、綿製品衣料品:櫃収蔵前には干して干し、特に冬の綿入れ洗濯時カットして、かたまり変形、かたまり変形.

すべて冬衣洗濯やコレクションの中にも注意すべき:できるだけがきれいで、乾燥、防虫やカビ、蔵衣箱柜をきれいにする、乾燥、密封.毛織物の毛皮、スーツなどはできるだけ掛かって箪笥に隠して.箱の中、繊維種類それぞれ保存し、我慢耐圧の綿の質と合成繊維は最も下層、毛の織物は中層に置く、絹類は最も上層部に置くべきです.干したオレンジの皮とクローブは箪笥のハンガーに持ち、衣類の香りと防虫の効果を持っています.

をもっと知りたいと”生活の小さい常識”関連内容でしたので、点撃進入健康網