冬の炭水化物5つの動作で予防腎臓のびくびくする

2016-07-27

p> <腎臓のびくびくする男は最大の困惑、絶えずの脅威に男の健康.あなたの良い予防腎臓のびくびくするか?とても簡単で,毎日堅持して以下の5つの腎臓のびくびくする運動が.

1、毎日の土踏まず

は毎日の土踏まず<P>を綯う一度は、左手で右土踏まず、右手で左足心、朝晩各1回、毎回300を綯うて.

P2、毎日は簡易体操(時間があれば、何度も繰り返し)

p> <いち、両足は平行して、足と真正面から肩幅、目視、両腕に自然が垂れて、两掌貼ら裤缝、指を自然に広げ.右足を取り上げ、呼吸きゅう、く回連続.

に、右足に息を吸って、ゆっくりとひざを曲げるしゃがみ、2手の甲が次第に回転する前に、足首から地面に近い時;手をつかんで、少し成拳(抓物の意)、ガスを吸って足.

さん、気苦しい、身体が起立、両手が垂れて、次第に握りこぶし.

よんしよ、呼気、体に気をつけ、両腕以外に絞り、拳心は前に、両ひじ両側から押し出し肋軟骨、同時に体とかかと部にある力、そして提肛、呼吸.

P3、毎日が肛運動

をしますは全身でリラックスし,炭水化物、自然呼吸;息呼気時、肛動作、吸気時のリラックス、繰り返し30回くらい繰り返します.

4、毎日腰部マッサージ

P2手のひらは、手のひらに熱い後、それぞれ腰の両側、手のひらで皮膚にマッサージし、腰に熱感、熱感まで.朝晩各1回、毎回約200下.

pは五、毎日太極

を打つ太極拳、朝空気清新な公園内、木の下、水辺には.

六、夜9時には足湯が一番には護腎臓

が一番

の中国医学は、足の裏には各経絡調歩の集まりに分布しているろくじゅう多個のツボ和た与人体の内臓、臓器をつなぐ反射区、それぞれ対応は人体の内臓.足の足湯は、血液循環の役割を改善することがあります.ほとんどの人はすべて足湯のメリットがあることを知っていて、しかし多くの人は知らないで、異なった時間の足湯で、起の作用は少し異なっています.腎臓をかばいたい、夜9時ごろには足湯、効果は最も良いです.

どうして夜9時に足湯が最もかばいますか?

を选んだこの時間帯は腎臓を補って,この時は腎臓血気が衰弱した時、その時点で足を浸して、体の熱増加し、体内の血管の拡張、血行をよくすることに利益があって、体内の血液循環を促進することによって.また、昼間は一日の神経が緊張して、1日の腎臓を疲れて、すべての足湯はこの時に徹底的にリラックスと十分な調節を得ることができて、人もそれで快適に感じることができます.

お湯が足湯になってから滋賀になって、滋賀肝の作用、睡眠の質を向上させることができる.」もし足を浸してから、更に適当に何分間足マッサージするマッサージ、体の血液循環に対してもっと良くて、臓腑器官も更に進むことができます