乾隆帝が長寿の炭水化物秘籍:朝三件

2017-04-27

乾隆皇帝の在位60年、89歳、このすべて彼の独特な養生の秘訣、特に朝の保健の3件の事.

Pは、深呼吸朝起きて、忙しくないことが起き、ご分後、先に左横向き、右側の臥、最後に仰臥、その間共伸さんを十分にストレッチをする度、関節.そして起き、片持ちは、10回連続で深呼吸して.その後は全身筋肉をリラックスして、息を整えて.最後までアウトドア,大口呼気を身の内に浊气吐く、新鮮な空気を吸い込んで.

四方を眺め

で立って、両目を先に目の高さが同じ、東へ、そして、目を閉じて頭を下げて,炭水化物、あっという間にもう半南を眺め、半目を閉じて頭を下げて、背を向けて西に眺める;最後に、目を閉じて頭を下げて北へ眺める半.運動のもやもや中の目、目のさわやかさを保証する.

Pは便通ばかりです朝から4つの習慣をつけ、体を大きく傷つけている

p起きて猛

に起きてます

人は睡眠の時に、血圧は比較的に低くて、剛が目覚めたとき、血圧が急速に上昇、特に部分が晨峰現象の高血圧患者が速すぎて、起きた猛は、血圧をもたらす可能性が突然上昇による脳血管が破裂するなどの重大な病気の原因.一部の高血圧患者、動脈硬化症などの原因で、血管運動障害が現れて、もし体位変化が速く出やすい体位性低血圧、脳供血不足が現れ、めまいや失神.221の原則、つまり目覚めた時、目はベッドに横になって2分、2分、横になって、ベッドに座って1分くらいで立って活動することを提案します.

Pは水を飲むのが好きではないですが、

は水を飲んではいません

朝の血液が黏調やすく、血栓形成.起きたら、早めに1杯のぬるめのお湯を飲んで、このように早くの血液希釈黏調.水は10分で、胃と腸で吸収し、血液循環に入り、脳卒中と心筋梗塞の発生を減らします.

「pは朝食に油を食べると塩辛い

を食べます油条、卵などは高脂の高い熱量の食品で、多くの高血圧患者の合併症、高脂血症,とても油を食べすぎると硬化性が悪化する.朝食は牛乳または1碗のかゆを飲んで、翌日に煮卵を食べて、また野菜果物をプラスします.

p朝練朝練

は、秋冬には、室内外気温が徐々に大きくなりつつも、室内の温度差が大きくなっているということです.ある人は、5時に朝練に出かけて、この時点で寒さの刺激を受けやすく、朝には高血圧の上昇が速くなり、脳血管の意外性を増加しました.みんなでトレーニング時間を午後4時ごろに手配することを提案することを提案します.フィットネス体操、、